自分に見合ったレーシックの種類を把握

RPKという治療法は、角膜の厚みが足りない人に適用することの出来る方法となります。
症状に合わせて理想となる治療方法を探していきますと、あなたに最も適したレーシックを見つけることが出来ます。

 

まずはどのような種類のレーシックがあるのか、そしてその内容から自分に適しているのはどの方法なのかを調べましょう。
手術を受けることとなるクリニックの選択にもこれは大きく関わってくる問題となりますので、しっかりと事前確認をしましょう。通常のレーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性があります。
そんな場合にはフラップを作成することなく、角膜の上皮のみを取り除いてレーザーを照射する手術であるRPKという治療法が適しています。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。



自分に見合ったレーシックの種類を把握ブログ:2021/04/12

ちょうど一年前のこと、
おいらの小学校時代の、それも8歳の頃の友達と再会し、
会う機会が増えて本当に嬉しいのですが…

三つ子の魂百までって言うけれど、
本当に今も波長が合って…
子供の心って本当に素直だったんだなぁ〜と思うのです。

損得なしの友達ですから、
失くしたくないと願っていたものの一つなんですよね。

その友達にはいつか逢いたい!って
実は長い間考えていたんです。

それが去年の1月、本当に偶然に再会し、
おいらは「これは奇跡だ!」と思いました。

その友達は今もそうですが…
かわいくて頭が良くて、よく伸びる歌声に憧れていました。
本当に素敵な声。

互いに成長と共に変わっていったこともあるし、
成長と共に愛しいものであったり…

子供の頃のことって案外覚えているんですよね。
大人から見るとそうでない気もしたりするのだけど…

子供時代の記憶って、
儚かったり、どこまでが現実なのかということもあるのだけど、
ちょっとした光景や情景や…
いろんな機会が昔の本当に純粋だった自分にも逢わせてくれている…

いつの間に、忘れていたんだろう…
自分が子供だったということ。

純粋に誰かのことが好きで
一緒にいたくて、そのことが楽しくて、
どの友達の家庭の事情も知っていたり知らなかったり、感じていたり、
でもそんなことはどうでも良くて…

ただその友達や家族がいて、
おいらもいて、おいらの家族もいて…

みんな家庭の環境も
その後の進路も人生も全然違うのが当たり前。
なのにいつからか社会の波にみんな少しずつ飲まれていって…

子供の頃の友達と再会して、
忘れていた大切なものを
どんどん取り戻しているような気がします。

ホーム サイトマップ