目に疾患がある時のレーシック

目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。

スマートハウスの専門
http://www.nichiei-group.co.jp/construction/
スマートハウス



目に疾患がある時のレーシックブログ:2020/10/22

「好きなものが食べられない」ダイエットは、
ガマンとストレスを生み出してしまいます。

それなら、視点を変えてみてはどうでしょうか?
それは「好きなもの」をたくさん挙げてみるんです。

僕の場合だと、
カレーライス、塩ラーメン、
塩トンコツラーメン、塩トンコツラーメン、キムチ、納豆…などなど
太りそうなもののオンパレードです…
だから太っていたんですけど…

でもその中でも、ダイエットに良いものもあります。
上の例で言うならば 「納豆」「キムチ」 などがそれに当たります。

だから連日、夕方食の時には、
「キムチ」をたくさん食べるようにして
ライスの量を減らしています。
「ちょっと足りないな」と思った時も、
キムチを多めに食べるようにしています。

このように「好きなもの」の中で
「ダイエットに良いもの」に焦点をあてれば良いのです!

ダイエットに成功した相方の中にも、
塩ラーメン、塩トンコツラーメン、塩トンコツラーメンなどが大好きな人がいます。
でも、好きなものをやめるような事はしませんでした。

その相方の場合は、好物の中に「ソバ」があったため、
三食のうちの一食を「ソバ」に置き換え、
約8キロのダイエットに成功したんですよ!

「好きなもの」ですから、
これを多めに食べることに対して、「苦」はありませんよね。
そして、これら「好きなもの」を食べれば
必然的に他の物の量も減らせます。

こんな感じで、
「減らすこと」に努力するのではなく、
「好きなもの」をクローズアップすれば、
ストレスは感じないんです!

当然ですよね。
自分の「好きなもの」を食べてダイエットするわけですから…

だから
是非、自分の「好きなもの」をピックアップして、
「ダイエットに適したもの」を見つけることをオススメします!





ホーム サイトマップ