レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき


レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。




レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2021/02/26

わたしは、一週間前風邪をひきまして、
大変しんどい数日を過ごしていました。

体力に自信があるわたしは、ちょっとの苦痛を大げさに
「もう死んでしまう~」
と、ビビってしまう小心者ですが…

そんなわたしが自分の不調を知る予兆は、
寒い訳でもなく
「勝手に身体が震え出す」ことなんです。

そうなって初めて、
「あら、わたし、疲れている」
と認識するのです。

で、先週は久しぶりに、勝手に身体が震えだしたので、
「おぉ~久しぶり~この震え」と、
ビビリつつも感動していました。

20代の前半から中頃にかけてのわたしは、
飲んで歌って…と遊んでは、午前3時4時に帰り、
9時7時からコンビ二のバイトに行き、
14時12時からは別の仕事、
19時は家庭教師や塾講師のバイトに行くようなことがありました。

たまに、
そんな日が3日連続となると、身体が震えていました。
震えた日は、早く帰ってじゅうぶん寝たら、
翌日には回復していましたが…

わたしの身体って、よくわたしにお知らせしてくれます。

生理前には、鼻の中にニキビが出来ます。
これがかなり痛いのです。

鼻の中に異物感を感じ、鼻をほじらねばとすると、
その吹き出物に指があたり、何とも言えない痛みに涙が出ます。

で、数粒の涙を流した後に、
「お、生理前かぁ…」
と、その痛みに無理やり納得をします。

しかしなんで、鼻の中なのか…
と思うのですが、

普通に出来る部分(おでことかほっぺとか)では、
わたしが、生理前と気付くことなく、
ニキビ処理をするだけで、生理が来たら慌てるのだろうと、
身体はわたしに気を使って、
特異な箇所に出来るようにしているのかなぁ~と
思ったりします。

レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

気になるレーシック手術の使用器具
レーシックを受けることの出来ない目の状況
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
最も気になるレーシックの治療費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これでわかるレーシック完全マニュアル