気になるレーシック手術の使用器具

レーシックではまず角膜の表面をスライスし、「フラップ」と呼ばれている蓋状のものを作成していきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。

 

レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。レーシックとは角膜に対してエキシマレーザーというレーザーを照射して、屈折率の矯正をしていくことで視力回復を目指すものです。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。



気になるレーシック手術の使用器具ブログ:2020/10/30

下腹がポッコリと出ていると
とっても気になりますよね。

スリムなパンツやスカートを
かっこよく着こなすためにも
下腹を引き締めるための簡単ダイエットを
毎日の生活に取り入れましょう!

特に下腹って年齢とともに脂肪がつきやすく、
ポッコリしたお腹になってしまうものですね。

中年太りの象徴ともいえる下腹の脂肪!
一般的には腹筋体操が効果的といわれていますが、
より効果的に行うためには、
呼吸法なども取り入れた体操を行うと良いでしょう。

また腹筋体操と食事療法などもあわせて実践していくと、
より効果的に下腹の簡単ダイエットができちゃいますよ。

下腹の脂肪を落としてダイエットするためには、
下腹の筋肉だけではなく、
わき腹の筋肉も鍛えることがポイントになります。

わき腹に脂肪がたまってくると、
お腹全体に脂肪がついたようになり
大きく見えてしまいますね。

下半身…
特にお腹周りをすっきりと見せるためには、
下腹を引き締めると同時に、
わき腹も鍛える必要があるんです。

下腹なら腹筋で鍛えられそうだけど、
わき腹ってどうやって鍛えればいいのか…
難しいですよね?

そこで、私が実践している
わき腹ダイエット法を紹介しますね。

仰向けになって、
両手を脇腹にあててあごを引き、
背中を丸めて右の肘を左の膝に近づけるよう、
側腹筋の収縮を意識しながら軽くひねります。
左ひねり、右ひねりを交互に行い、
左右10回を1セットとして、
それを毎日3セット行うだけ!

わき腹って普段使わない筋肉ですから、
これだけのストレッチでもダイエット効果が抜群ですよ!

・・・と、書いてみるテスト

ホーム サイトマップ